気が付けば4台

本日は、朝から晩まで取材。デスクワーク皆無。開放感と共に、一抹の不安も。この不安を解決しようと、ついつい過剰防衛気味になる私。鞄の中を見ると、実に4台ものPDAが。

なんでこんなに持ち歩く必要があるのか、自分でもよくわからない。
こじつけるとするならば、

  • PEG-TH55→ボイスレコーダー&PIM
  • Tungsten C→メモ&ゲーム
  • SL-C750→メールチェック&ネットブラウズ&文庫ビューワ
  • HP200LX→取材メモ

こんなところかな。

ザウルスもってるんだったら、それで取材メモすればいい…なんて思わなくもないけど、膝の上でタッチタイプできるかできないかってのは大きい。取材という仕事はやり直しがきかないから、大事な一言を聞き逃した損害は計り知れない。万全を期してボイスレコーダーで録音してはいるけれど、結局テープ起こしなんてやってる時間もないし。ってことで、やはりHP200LXは必須。内蔵マイクがついているってことで、TH55のボイスレコーダーもはずせない。ネット接続を含めてパソコン代わりという役は、ザウルスでなければ果たせない。TungstenCについては、特に持ち歩く必要性もないのだけれど、キーボード付きの小さい端末があれば何かと便利ってことで。

単機能とまではいかないけれど、それぞれに得意分野がある。これを無理して一台で済ませてもいいとは思うが、それぞれの用途で「ああ、あれがあればもっと楽だったのに」と思いたくなくて。