新しい家族

先日、例のペットショップにいき、例の仔犬くんと会ってきた。体重は2キロで、生後3ヶ月。モモが育っていたら、この子より年上である。とても信じられない。やっぱりモモは小さすぎたんだなあ…と実感した。

娘に彼の写真を写メールしたところ、「モモが生きてるみたい…」といって泣いた。あんまりよく似てるのもかわいそう…とも言っていた。彼をもらうのかどうか、これは大事な問題なので、家族でじっくりと話し合う。しかし、話し合えば合うほど、結論は出ない。みんな、まだ心の中にモモがいるのだ。結局、時期が早すぎるのだ。

その後、ライブドアでえりえりさんに会った時に「モモちゃんに心が残るのは分かるけど、その子(ペットショップの子)に罪はないんだから」と言われ、それもそうか、と。とたん、あの子のことが気になって仕方なく、やっぱりうちに来てもらおうと思うようになり。

本日、ついに我が家の家族となった。名前は「麻呂(まろ)」。生後4ヶ月だが、びっくりするほど元気。ごはんの時に尻尾振って走りまわるところがモモにそっくりだ。モモに似てるけど、彼はきっと元気に長生きするはず。