モモ、神経障害

mica2004-11-10モモの転ぶ回数が増えたような気がした。家族は「まだ筋肉がしっかりしてないんじゃないの?」というが、私には動きがよくないように見える。

あんまり変なので、部屋の中を歩かせてみたところ、明らかに後ろの足がつっぱっている。少し引きずるようにして移動している。「これ、絶対変!」と主張し、朝一番に病院に駆け込んだ。

「足が変なんです」と伝えたところ、医者は足の裏や付け根を調べて、「うーん、どっかぶつけたかな。しかし、ハードパットも出てますね。ジステンバーの可能性が高いです」とのこと。

その後で医者といろいろ話していたら、急にモモが「わおわおわおーん」と高い声で鳴いた。これまで聞いたことのないほど、高い声。その後、自分の足をガブガブと噛んだ。「これは!」と、医者。「これは、もしかするとジステンバーが脳にきているのかもしれません」。

ジステンバーが脳神経を冒したら、ほぼ助からないという。90%以上望みなし、だそうだ。つい2〜3日前まで「これだけ元気なんだから、絶対治る!」と思うほど元気だったのに、なんでこんなになってしまったんだろう。やっぱり昨日の午後、打ち合わせで半日家を空けなければよかった、と悔やむが、いまさらそんなことを思っても仕方ない。今は、彼を少しでもよくする方法を探るよりしかたない。

医者に「どうにか治せませんか」と尋ねると、「特効薬はありません。しかし、インターフェロンという薬を使えば…。まあ、効き目があるかどうかはなんともいえませんが…」との返事。

インターフェロンとは、抵抗力をあげるための注射らしい。副作用もないようだし、それだったらぜひ打ってくれ、と頼んた。結局、モモはインターフェロンと栄養剤、抗生物質を打ってもらって家に帰った。

家に帰った後も、モモは目を開けたまま、ほとんど反応なし。眠る様子もない。ただハーハーと、息だけが荒い。本当に辛そうで、見ているだけでもつらいが、それでも見ていなければと思う。