「野垂れ死に」(吉村萬壱)

読売新聞の夕刊に載っていたコラム。青空を見ながら死んでいくというイメージを追体験し、大変感銘を受けた&共感した。晴れ晴れと青い空の下、昨日も今日も、自分がもういない明日も、きっとこの空があるのだと思い、眺めながら去っていく…。確かに、かなり上等な最期なのかもしれない。