京浜東北線の謎

京浜東北線で品川に向かった。浜松町の駅に停まり、車内アナウンスが。「どこやらの駅で緊急停止があり、しばらく運転を見合わす」とのこと。品川方面に行く人は山手線に乗り換えてくれというので、乗客は次々と列車を降り、向かいのホームに山手線が到着するのを待った。ほどなく、山手線が到着。と同時に、京浜東北線のドアが閉まった。そしてそのまま、走り去った。

あれ?ホームに残された私たちは、呆気にとられて列車を見送った。しばらく運転を見合わせるんじゃなかったの?

品川に向かう山手線の中、今もあの京浜東北線のことを考えている。