1997/10/24(金)

曙橋近くの食堂で昼食をとる。数か国語を操るという女性が経営するこの店、いったいどこの国の食堂なのかわからない。メニューも壁に貼ってある地図も、日本語じゃない。とりあえず、ここの一押しだという牛スジの辛スープを注文する。「辛いよ」という注釈通り、そのままではとても食べられない真っ赤なスープ。これもまた、どこの国の料理なのかわからない。なんとなくエスニック風。オプションで注文できる生玉子をいれると、どうにか食べられる程度となる。が、それでもまだ辛い。胃が焼けそうになる。ひいひい言いながら食べた。