1997/10/03(金)

電話かけてる一日/久しぶりに会う友に今の自分の状況を説明するのは面倒だなあと思っていたら、どうやらここを見ていてくれたらしく、全部把握していた。遠くに住んでいる親も、ここを覗いていて、わたしの生活を理解してくれているようだ。改めて語らなくてもわかってもらえているというのは、こちら的には楽でいい。余計な心配をしなくてもいいという点で、あちら的にも安心感があるらしい。日記を公開することによる、思いがけない利である。