1997/08/07(木)

母が来た。熊本から大阪へ、それから横浜へ。数日の間に日本の半分を縦断している。それでも彼女は元気いっぱいで、腕によりをかけて夕食をごちそうしてくれる。「なにが食べたい?」「スキヤキ!」「お刺し身!」「じゃ、両方ね」……本当に両方、食卓に並んでしまった。あまりの贅沢にめまいがする/取材。1時間の予定が、いつのまにか1時間半になっていた。新製品の開発担当の方のお話を伺っていると、こうなることが多い。語りが熱く、伝えたいことが多い人たちなのだ。聞くほうとしても、こういった話のほうが全然おもしろい。「あらら、こんなことまで聞いちゃった。いいのかな」って話がこぼれてしまったりするのもいい。