祖母というもの

祖母という存在について考えた。わたしは、自分にとっての祖母と、自分の子どもからみた祖母(つまり私の母)、つまり二世代に亘って先代を見てきた(正確に言えば、母方の曾祖母のお世話にもなっているが、物心つく前に亡くなっているのであまり記憶にない…

アガサ・クリスティーの謎解きゲーム

TV

ミステリマニア垂涎の的である「AXNミステリー」チャンネルを契約して以来、ミステリ要素に不足することない、贅沢な毎日を過ごしている。スゴ録の録画キーワードは「アガサ・クリスティ」「ホームズ」「ポアロ」だが、このキーワードにひっかかって録画され…

質問するということ

「質問されたら、その質問の意図を知るために、質問し返す必要がある」 原則学の荻島さんが言っていた言葉。なんとなくわかっていた気になっていたが、今日、その真意が理解できた。考えてみれば、ごく当たり前のことだった。 質問に至るまで、彼(彼女)は…

「犯罪原因論」と「犯罪機会論」から見る「縁起」

最近、こんな本を読んでいる。 写真でわかる世界の防犯 遺跡・デザイン・まちづくり (教育単行本) 作者: 小宮信夫 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2017/04/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 著者の小宮信夫氏は、日本で数少ない「犯罪機会…

PDAの話をしよう

PDA

PDA博物館でゲストスピーカーとして登壇したものの、時間切れで話が途中になってしまった伊藤浩一さん。せめてオンラインで思う存分話してもらおうと、「PDAの話をしよう」という連載を開始した。 scrapbox.io ご自分のブログでも、この記事のことを告知して…

「メッセージ」を見て、なぜ泣いたのか

以前から、この映画の原作「あなたの人生の物語」が大好きだった。実写化されると聞いて、昨年から心待ちにしていたこの映画を見てきた。 映画『メッセージ』本予告編 あなたの人生の物語 作者: テッドチャン 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/09/30 …

7年ぶりのPDA博物館

PDA

前回のイベントから7年。明日、御茶ノ水駅前ソラシティにあるデジタルハリウッド大学で、第二回PDA博物館イベントが開催される。 kakakumag.com prtimes.jp 初代館長として、参加しない訳にはいかない。というより、参加しないではいられない。当日は、ゲス…

将棋と、質問の技法

最近、将棋を始めた。将棋のことがまだよくわからないので、子供用に作られた将棋セットでやっている。駒に、進める方向が書かれているやつだ。それぞれの駒の動きを知るために、最初は「歩」なしでやってみた。すると、右端と左端にある香という駒がある。…

【今日のGoogle】アンティキティラ島の機械

matome.naver.jp

マシュマロ・テスト

「選択の科学」(シーナ・アイエンガー)の本に載っていた「マシュマロ・テスト」。YouTubeで映像が公開されていたのでシェア。とても興味深い実験だ。 youtu.be 実験の方法は、次の通り。 職員の子どもたちが通う、学内の付属幼稚園の4才の子ども186人が実…

リアル・ロビンソン・クルーソーの世界

TV

4月2日に放送された「劇的ビフォー・アフター」2時間SPを録画しておいたので、それを見た。今回は、家ではなく島ごとリフォーム! さだまさしさんが所有する「詩島」をなんとかしてほしいということだった。 2時間SP「借金で潮漬けされた家」| これまでの放…

虻は障子の穴を見つけられない

悩みというのは往々にして視野を狭めるものである。知らず知らずのうちに1つの考えに捉われてしまい、存在するはずの解決の糸口がまるで見えなくなってしまうことがよくある。人から指摘されてはじめて気付くということがあるが、風外が説いたのはまさにそ…

「おげんさんといっしょ」で聞いた「老夫婦」

TV

スゴ録に「星野源」というキーワードを登録している。先日「おげんさんといっしょ」という番組をやっていたようで、録画されていた。 www4.nhk.or.jp 星野源がきれいな女性になっていたり、細野晴臣と一緒に「絹街道」をやっていたりして、驚きの連続。その…

昭和な風景

浅草の合羽橋まで、箸を揃えに行った。調べてみると歩いて40分ほどの距離なので、散歩ついでに歩いていこうということになった。途中、西浅草の東本願寺の前を通過するとき、こんな風景に出会った。 レトロな雰囲気に惹かれ、思わずスマホで撮影。他にも数人…

情報を選ぶということ

今、読んでいる本。彼らが口を揃えていうのは「インターネットの情報を信じるな」ということ。これは、この前の「活字デトックス」でも薄々感じていたことだ。 では、どこから情報を取り込めばいいか。「ネットニュース」ではなく「新聞」、しかも一社だけだ…

Blues Brothers

以前から言っていたことだが、私の中での映画ナンバーワンはBlues Brothers。久しぶりにAmazon Primeビデオで見たが、やっぱり最高! 先日、ブルーノ・マースと星野源が対談したとき、星野源が音楽をやるキッカケの一つがBlues Brothersだったということを知…

池上秀樹さんの「ナゴヤマリンバ」

10年前に聞いて好きになった曲。YouTubeにあったので備忘録としてメモ。 Nagoya Marimbas - Steve Reich - YouTube youtu.be 池上秀樹さんのDVDは、こちら。この中で演奏しているアストゥリアスは圧巻です。 youtu.be

超訳「老子道徳経」→「ラブ、安堵、ピース」

今、読んでいる本。 ラブ、安堵、ピース: 東洋哲学の原点 超訳『老子道徳経』 作者: 黒澤一樹 出版社/メーカー: アウルズ・エージェンシー 発売日: 2017/04/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る まだ読み始めたばかりだが、備忘録として考えた…

NHKマイあさラジオ「社会の見方・私の視点」

小宮信夫先生のお話「子どもたちを不審者から守るには」 www4.nhk.or.jp 千葉県で起きた誘拐殺人事件で、実際に事件が起きた現場を歩いた小宮先生が話す「誘拐されないためのポイント」は以下の二つ。 見えにくい場所 入りやすい場所 いわく、「人は騙すが、…

半年分のブログを更新

そんな訳で、半年分のブログを一気に更新した。プライベート日記はほぼ毎日書いていたので、更新に困ることはなかった。今回、内省的な内容の日記もブログに公開することにしたのは、母の短歌集の影響だ。個人の生々しい独白は、映像や写真よりリアルに、そ…

情熱大陸「吉田ユニ」

TV

吉田ユニさんのドキュメンタリー。一人で仕事をする意味、「自分が責任をもてる範囲で仕事をしたい」という感覚、よくわかる。アイデアがでたときの喜びも分かるし、それが形になっていく喜びもわかる。だから、どんなに大変な作業でも止められないのだ。 ww…

孫とお散歩

息子嫁の戌の日参り。氷川神社でお参りして、大宮公園で遊んだ。来年の今頃は、四人の孫と遊ぶことになるだろう。 写真は、一番上の孫と一緒に歩いているところ。「見て!石のプールだよ」「咲いているタンポポは大人なの?じゃ、綿毛のタンポポはなに?」「…

「一番大事なのはブログ」

朝、目覚めて起き上がる瞬間、頭の中に言葉が降ってきた。 『大切なのは、関係性。人そのもの、モノそのものに意味はない。すべては有機的につながっていて、固定されているものはない。私が動くと、すべてに影響が及ぶ。そのつど、世界が形を変えていく。世…

「あすけん」様様!

昨日の血液検査の結果が、予想以上によくなっていて驚いた。すべての項目が改善され、いずれも正常値になった。医者が「なにか対策をしたか」と聞いたので、「食事を改善し、運動を増やしました」と答えると、「なるほど、それが有効のようですね。しばらく…

なんでもない、それが俺じゃないか。

天草生活2日目の歩数は1万5千歩。健康的だ。 父は平和に穏やかに暮らしていて、彼の世界は彼の中で完結している。昔と違うのは、「しもた、いかんかった」と自己嫌悪にならないこと。たとえそう思ったとしても、「なんでもない、それが俺じゃないか」と思う…

父の生活

月命日なので、天草へ。今度は一人、新幹線に乗っていく。8時に出発して、到着するのが16時半。移動するだけで丸一日かかる。 天草は美しい。雨上がりだったから特に緑が映えた。庭の桜が満開だった。庭に桜があるなんて知らなかったが、よく考えてみるとこ…

「ななつ星」の東儀スタイル

TV

昨日、「ななつ星」の番組を見た。 www.bs-j.co.jp このとき、「ほぼ日」でも生中継していたらしい。 ななつ星 - ほぼ日刊イトイ新聞 この番組で面白かったのは、東儀秀樹(雅楽師)さんのスタイル。この人の物言いはつっけんどんで、ともするとワガママに見…

「人を助けたい」と思うのは、思い上がり

私の両親は情が深く、人のことを心配する。私にもそのDNAがあり、やたらと人のことを心配する。息子や娘家族のこと、父のこと、元夫のこと。そんなこと心配しなくてもいいのに、と思う。結局、みんな自分でなんとかするしかないのだから。 昨夜、夫と話した…

取捨選択、アゲイン

昨日、夫と私はクローゼットの中を見直し、着なくなった服を処分した。そして少しだけ服を新調した。そのおかげで、毎朝の服選びが楽になった。選択肢を減らすことで、こんなに楽になるものなのかと思った。 巡り合わせ、タイミング、DNA、運命。私たちは、…

活字デトックスを一週間試してみた感想

ずっとやりたかったことを、やりなさい。 作者: ジュリアキャメロン,Julia Cameron,菅靖彦 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2001/04 メディア: 単行本 購入: 35人 クリック: 150回 この商品を含むブログ (73件) を見る この本の4週目のワークとし…