読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛別離苦

この世に生まれ、さまざまな人と出会うけど、いずれみんなとサヨナラする。頭でわかっていたつもりでも、本当は少しもわかっていなかった。母がいなくなって、それがよくわかった。どんなに好きな人でも、必ず別れは来る。その覚悟をもって生きなければなら…

『老後はひとり暮らしが幸せ』

www.asahi.com 父が新聞で見つけた記事。いたく感銘を受けた様子で、切り抜いて保存していた。なかでも、この文章が印象的だった様子。 大阪の開業医、辻川覚志さんは『老後はひとり暮らしが幸せ』(水曜社、2013年)で、データにもとづき、ふたり暮らし…

違和感を見逃すな

指針は常に私の中にある。指針を外に求めるな。正しいことは、私が知っている。 一人になること。寂しくても、他に頼らない。自分の声をより分け、その声だけを頼みにすること。その時初めて、自分と向かい合う。 違和感を見逃すな。濁りを許すな。自分の声…

より良く生きる

友達の離婚話から、夫と池田晶子さんの本について話をする。「より良く生きる」とはどういうことなのか。池田さんは「人生の意味と無意味を納得しながら生きる」といっていた。人は皆、自分の宿命を生きている。私は、それに真摯に取り組むことだと思ってい…

「ギタークラフト」(ロバート・フリップ)の資料

原則学の参考テキストとして、メモ。 The Art of Craft | The Orchestra of Crafty Guitarists Elephant Talk: An Introduction To Guitar Craft

池田晶子「14歳からの哲学」 より

備忘録として。14pからの引用。 考えるんだ。自分が思っていることが、ただ自分がそう思っているだけではなくて、本当に正しいことなのかどうかを知るためには、考えるということをしなければならないんだ。でも「しなければならない」と言ったって、べつに…

自分はどこにいるのか

「彼岸寺」というサイトがある。その中に、とても興味深い記事があった。大変納得できたので、記録のために引用しておく。 横田:よく映写機のたとえなんかしますけれどね。見たり聞いたりというところから生じる心の波立ちによって、目の前に映像のようなも…

井上円了哲学塾公開講座「身体を操る」(為末大)

【井上円了哲学塾公開講座】為末 大氏「身体を操る」 | 東洋大学 演題は「身体を操る」で自身の競技経験を基に、スポーツの「身体」と「心」の複雑な関係について、意識と無意識という観点から多様な例を用いて考察されました。 講演の導入において、オリン…

「苦しみを避けるところに苦しみがある」

私が無事でいたいと思ったり、銀行預金やいろいろな楽しみを持ちたいと望んでいる限り、また生理的、あるいは心理的に何かになりたいと思っている限り、必ず苦しみがあるのです。私が苦しみを避けるためにやっていること自体が、恐怖と苦痛を生み出すのです…

井上円了哲学塾公開講座「国際社会と日本 インテリジェンスを哲学する」(佐藤優)

井上円了哲学塾の公開講座。本日の講師は、佐藤優氏。 演題は「国際社会と日本―インテリジェンスを哲学する」で「インテリジェンス」「情報」「パラダイム」等をキーワードに講演がなされました。 まず、「パラダイム」とは物事が成り立っている前提条件・枠…

ネルケ無方師講演会『死の正体』

ネルケ無方さんの講演会に参加。私は以前から、彼の本をよく読んでいた。 ただ坐る 生きる自信が湧く 一日15分坐禅 (光文社新書) 作者: ネルケ無方 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2012/06/15 メディア: 新書 クリック: 3回 この商品を含むブログ (8件) を…

言葉の前に、自分の中に立ち上るもの

言葉の前に、自分の中に立ち上るもの→言葉のない会話:日本経済新聞 www.nikkei.com

私に足りないもの

自分を許し、認めること。それができれば、他人も許せるはず。今までよく耳にしていた言葉だが、その実、ちゃんと実感できてはいなかった。最近思うのは、自分のなかにある判断の厳しさ、窮屈さ。これが私の枠組みなのだろう。そのまま放置できない、見過ご…

エゴをなくす

エゴをなくすということは、どういうことか。「生きながら死ぬ」とはどういうことか。そのことを考えていて、ひとつ浮かんだのは、「自分の身なんてどうだっていい」という境地。常日頃、人間は、とくに私は、今の自分の状態を意識していて、それを少しでも…

岡村美穂子 「心に枠のない世界」

録画した番組を再見。以下、心に残った言葉をメモ。 ・問いは大切。問いに答え。禅問答。天国のドアはノックしてはだめ。全身で命がけてぶつかる。 ・わかるとは。拳の音は、どこで聞いたか。そんなけち臭いものではない。全宇宙が聞いた。真実はそういうも…

鈴木大拙館で手に入れたリーフレット資料

鈴木大拙館には、いくつかリーフレットが置いてある。そのテキストを書き起こしたので、ここに記録しておこう。 鈴木大拙のことば22単なる論理はけっしてわれわれを動かさない。そこには知性を越えた何かがなければならぬ。(禅) 鈴木大拙のことば23如何な…

鈴木大拙館「維摩の方丈」

そして、いよいよ鈴木大拙館へ。近くの駐車場に車を停めて出かけた。普通の民家の中に、突然こんな建物が。とてもクールなデザイン。 中に入ると、長い廊下の奥に大拙の写真があった。とてもいいカット。 そしてこれが、有名な「水鏡の間」。宇宙全部が入る…

「天才が語る」(ダニエル・タメット)その1

これは収穫。一部を書き写したので、記録しておく。参考になるサイト→ アスペルガーのヒトリゴト 天才が語る 知能は一種類だけではなく、正確には8種類あり、ひとりひとりがその8種類の知能の絶妙な組み合わせからなっていると主張している。 彼の複合的な知…

「天才が語る」(ダニエル・タメット)その2

数学的な考え方について ガリヴァンが教えてくれたように、数学的な考え方はなにも数学者のためだけにあるわけではない。この章では、正確かつ創造的な推理をおこなうことがだれの役にも立つことを示していきたい。数学的に考えることは、宝クジの確率から投…

吉村氏&若松氏の対談

吉村氏&若松氏の対談に参加。原民喜という詩人について、二人が語っていた。主な内容は、以下の通り。 ・弱者ゆえの強さを持っている・死者に守られた人・散文のように詩を書く・原爆のおかげで5年生き延びた・足裏という詩で、世界が逆転する・地面は固く…

悲しまなくていい

思い切りボコボコにされて、うんと落ち込んだが、清々しい気分もある。今の私は、こんなもんだ。それが認められるのは、われながら進歩だと思う。 悲しみで身体を満たすこともできる。これまでは、つらいときはそうしてきた。でも今は、そうしない。自分を哀…

レッテルと戦うなんて

「でなければならない」論が得意な人たちがいる。私は、それに対して反感しか感じない。レッテルを貼っておいて、そのレッテルと戦うなんて無意味。正しいことを決めると、その対岸に正しくないことが現れる。この二つを分かつところから戦争が生まれる。私…

英語は英語で、数学は数字で考える

ここ数日、英語熱が高まっている。それはもしかすると、最近よく海外ドラマをみているからかもしれない。かといって、ヒアリングができるようになりたいわけじゃない。ただ、猛烈に英文が読みたいのだ。 そこで、Twitterで英語のニュースを読んでみることに…

人それぞれの正義

このところ、不思議な偶然が続いている。相方の悩み、子どもの悩み、そして私の悩み。 この3つの悩みにはそれぞれ別の人物が関わっているが、その3人に共通点があったのだ。それはつまり、「Dragon Night」(by SEAKI NO OWARI)がいうところの「人それぞれ…

さびしさの運用について

さびしさの運用について - Mellow My Mind さびしさなんてどうせちょっとうれしいことがあれば蒸発してしまう揮発性の感情で、それをわざわざ恨みとか自己嫌悪なんかのめんどくさいものに加工する必要はない。 今でもときどきさびしさの波のようなものは訪れ…

人が変わる方法

Twitterで見つけた印象深いつぶやきをメモ。 人間が変わる方法は3つしかない。1番目は、時間配分を変える。2番目は、住む場所を変える。3番目は、付き合う人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。もっとも無意味なのは、『決意を新たにする…

人の命の不思議

ここ数日、知人の家族が立て続けに二人、お亡くなりになった。一人はまだお若く、くも膜下出血による突然の死だったという。もう一人はご高齢で、家族に見守られながら自宅で眠るように息を引き取ったという。あまりにも対照的。時に脆く、時にタフな人の命…

私が今、ここにいるということ

自分が今、ここにいるという奇跡を思い出すたびに、泣きそうなほど幸せな気持ちになるが、この幸せは、少し前までは全く知らなかった類のもの。「存在することが奇跡」なんて言葉を耳にしても「なるほどね」と思う程度だったが、今はその重みが嫌というほど…

生きることの意味について

自分はどうありたいか、自分はどう生きたいか、なんてことは全くどうでもいい。主体は「自分」にはない。それこそがカギだ。どんな過酷な環境にあっても、人生が問うている課題があり、それに答えることにこそ生きる意味がある。 www.huffingtonpost.jp

初めて研究会に参加

井上円了哲学塾を卒業する際、東洋大学から「国際井上円了学会」を紹介された。参加資格も特にないようなので、なんでも経験と思い、参加を申し込んでみた。しかし、実際にそこで何をするのかは全然わかっていなかった。 先日、登録したメールアドレスに以下…

「共感共苦」と、テロ事件

昨日開かれた「哲学カフェ」の参加者は、カフェ始まって以来の最多人数で50名余。カフェはほぼ満席になった。ゲスト講師である竹村牧男氏(東洋大学・現学長)が作成した資料を配布し、今回のテーマ「正義や悪はあるのか」について語り始めた。 もともと仏教…

哲学カフェ@神保町は、明日開催!

…だから、という訳ではないが、この本をほぼ読み終えたところ。自分の「ファシリテーター」としての能力に疑問を持っていたが、そんな特別な能力が求められているのではないということがわかり、ホッとした。大切なのは、参加者の話をよく聞き、その内容と向…

『草間彌生の富士山』

草間彌生という人の名前を初めて聞いたのは、たしか一昨年の哲学塾での安藤忠雄氏の講義。「野生の目をした女性」と話していたように記憶している。その彼女が、元旦の今日、NHKの番組に出演していた。 草間彌生が浮世絵に挑む、TV番組『草間彌生の富士山…

選択日記 5/13

選択肢:あらゆるパターンの「Let It Go」から好きなものを選ぶ下した選択:1つに絞れない。強いて言えば、ロックバージョンの演奏+メタルバージョンのボーカルが○。しかしR&Bバージョンも気持ちよかった。選択の理由:演奏のアレンジはロックバージョンが…

選択日記 5/11

選択肢:死刑制度、賛成か、反対か。 下した選択:反対 選択の理由:人間は完璧じゃないから(=判断を間違うこともあるから、つまり冤罪の可能性があるから)+自分のやったことと向かい合い、罪の重さを感じ、改めていく過程が必要だと思うから 使った情報…

選択日記 5/9

選択肢:動物と話せる能力か、世界中の言語が話せる能力か 下した選択:動物と話せる能力 選択の理由:人間が考えることは予測できるけど、動物が考えることは予測できないから、話してみたい。 使った情報:「あなたならどちらを選ぶ? 悩むこと間違いなし…

選択日記 5/8

選択肢:空いた時間、本を読むか、仕事を進めるか、昼寝するか 下した選択:仕事を進める 選択の理由:それが一番楽しそうだったから 使った情報:自分の心の声 結果:仕事が予定より前倒しになり、さらに平和に 備考:ライフワークバランスなんて言葉が流行…

選択日記 5/7

選択肢:診察を受けるか、受けないか。 下した選択:受けない。 選択の理由:今日はGW明けなので、病院は混んでいるはず。 使った情報:これまでの経験。 結果:実際混んでいたのかどうかリサーチしていないので不明。 備考:明日行きます。

選択日記 5/5

選択肢:このまま東京に住むか、引っ越すか 下した選択:東京に住む 選択の理由:原発事故のこと、放射性物質の拡散状況、その被害など、わかっていないことが多すぎるため、判断を保留。その結果、今もまだ継続して東京に住んでいる。 使った情報:インター…

選択日記 5/4

選択肢:忌野清志郎の表現、可か否か 下した選択:可 選択の理由:ストレートだから伝わるものもある 使った情報:ラストデイズ「忌野清志郎 x 太田光」 結果:結果は出るものなのか? 備考:

選択日記 5/3

選択肢:Softbankか、docomoか。 下した選択:docomo 選択の理由:回線速度 使った情報:実験データ 結果:再生がスムーズだった 備考:旅先でiPadでHuluを再生。docomoのiPhoneでテザリングしたらうまくいった。

選択日記 5/2

選択肢:げんこつかき揚げか、駿河丼か 下した選択:駿河丼 選択の理由:げんこつかき揚げはカロリーが高そうだったから 使った情報:お店のメニュー 結果:駿河丼最高!でもげんこつかき揚げも食べたかった… 備考:

選択日記 5/1

選択肢:「キトラ古墳壁画」と「栄西と建仁寺」、どちらをみるか 下した選択:どちらも見る! 選択の理由:選べなかったから 使った情報:http://www.tnm.jp/ 結果:午前キトラ、午後栄西でなんとかこなせたが、待ち時間が長く、足が棒になった。でも、見ご…

選択日記 4/30

選択肢:GWの旅行、ロングランにするか、近場にするか 下した選択:近場 選択の理由:ワンコの足の具合がまだ万全じゃないから 使った情報:観察 結果:経過観察中 備考:今月はじめに、ヘルニアの治療で幹細胞移植を受けたチョコ。おかげでみるみる元気にな…

選択日記 4/29

選択肢:使わない白い机、捨てるか残すか 下した選択:残す 選択の理由:アイロン台として使えそうだから 使った情報:インスピレーション 結果:セットしてみたら、思った以上に使いやすかった。これは正解 備考:昨年末から今年にかけて使わないものを処分…

選択日記 4/28

選択肢:Huluを辞めるか、再開するか 下した選択:再開する 選択の理由:「ちはやふる」が追加されていたから 使った情報:http://www.hulu.jp/ 結果:ほかにもいろいろ番組増えてた。GWのお供にちょうどいいかも。 備考:新着番組をチェックするサイトを発…

選択日記 4/26

選択肢:GWのドライブ、29日発? 30日発? 下した選択:30日発 選択の理由:渋滞予測に、29日は渋滞すると出ていたから 使った情報:http://search.w-nexco.co.jp/forecast/ 結果:実際にやってみて、その結果から判断する →事情により予定変更。ドライブは5…

選択日記 4/25

選択肢:パーティの差し入れ、ワインか食べ物か。 下した選択:ワイン 選択の理由:そっちのほうがおしゃれっぽいと思ったから 使った情報:マルエツ 結果:これから持って行きます! 結果は後ほど! 備考:

選択日記 4/24

選択肢:Twitterのプロフィール、新しいバージョンに変えるか変えないか 下した選択:新しいバージョンに変えた 選択の理由:どうなるか見てみたかったから 使った情報:https://twitter.com/ 結果:目新しいので楽しいが、使いやすいかどうかはこれから検証…

選択日記 4/23

選択肢:かなり歩く1回乗り換えか、あまり歩かない2回乗り換えか。 下した選択:かなり歩く1回乗り換え。 選択の理由:健康のため最低6千歩は歩きたいから。 使った情報:NAVITAIME 結果:連れがいたので、話しながら歩いていたら、あっという間だった。 …