BOOK

ミステリーざんまい

留守にしている間、AXNミステリーの番組がたくさん録画されていたので、今日から消化鑑賞を始めようと思う。 今日見たのは、マープルの「予告殺人」と「動く指」、ポアロの「オリエント急行」。「オリエント急行」は、「カーテン」同様、重く暗い印象。正義…

火花(又吉直樹)

父が読みたいというので、Amazonで送った本。今回の帰省の際、父から借りてきたので、読んでみた。 火花 (文春文庫) 作者: 又吉直樹 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/02/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (14件) を見る なんともいえない読後…

情報を選ぶということ

今、読んでいる本。彼らが口を揃えていうのは「インターネットの情報を信じるな」ということ。これは、この前の「活字デトックス」でも薄々感じていたことだ。 では、どこから情報を取り込めばいいか。「ネットニュース」ではなく「新聞」、しかも一社だけだ…

超訳「老子道徳経」→「ラブ、安堵、ピース」

今、読んでいる本。 ラブ、安堵、ピース: 東洋哲学の原点 超訳『老子道徳経』 作者: 黒澤一樹 出版社/メーカー: アウルズ・エージェンシー 発売日: 2017/04/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る まだ読み始めたばかりだが、備忘録として考えた…

活字デトックスを一週間試してみた感想

ずっとやりたかったことを、やりなさい。 作者: ジュリアキャメロン,Julia Cameron,菅靖彦 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2001/04 メディア: 単行本 購入: 35人 クリック: 150回 この商品を含むブログ (73件) を見る この本の4週目のワークとし…

活字デトックスを始めます

一週間だけのデトックス。この本の中にある、四週目のワークを始める。 ずっとやりたかったことを、やりなさい。 作者: ジュリアキャメロン,Julia Cameron,菅靖彦 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2001/04 メディア: 単行本 購入: 35人 クリック: 1…

シンデレラの告白

あっという間に読了。 (以下、ネタバレ含む) シンデレラの告白 作者: 櫻部由美子 出版社/メーカー: 角川春樹事務所 発売日: 2015/10/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る いわゆる「醜女」キャラが、とても魅力的。豊かな人生…

Kindle Voyageは老眼に優しい

私の身体は、少しずつ年老いてきている。目は老眼で、本を読んだりテレビを見たりするとすぐに疲れる。体力維持は、大きな課題になっていくだろう。ウォーキングを楽しむためには、歩きやすい靴が必要だ。 老眼問題を解決する手段として、Kindle Voyageはい…

「哲学」という名前がよくない

昨日の話。「クレイジーケンバンド」のギター、小野瀬さんがライブをやるというので、夫、荻島さん、私の3名で見に行った。小野瀬さんは、昔セッションで一緒に演奏していたことがある。ギターもさることながら、私は彼の声が好きだった。またあの声が聞け…

クレイジーメーカー

最近、読んでいるこの本に書かれていたこと。 ずっとやりたかったことを、やりなさい。 作者: ジュリアキャメロン,Julia Cameron,菅靖彦 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2001/04 メディア: 単行本 購入: 35人 クリック: 150回 この商品を含むブロ…

佐藤優とか、ロンリとか。

食後に歩いて日本橋へ。約6000歩。丸善で買った本は以下の通り。 ロンリのちから: 「読み解く・伝える・議論する」論理と思考のレッスン (単行本) 作者: NHK『ロンリのちから』制作班,野矢茂樹 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2015/11/20 メディア: 単行…

『老後はひとり暮らしが幸せ』

www.asahi.com 父が新聞で見つけた記事。いたく感銘を受けた様子で、切り抜いて保存していた。なかでも、この文章が印象的だった様子。 大阪の開業医、辻川覚志さんは『老後はひとり暮らしが幸せ』(水曜社、2013年)で、データにもとづき、ふたり暮らし…

翡翠の城

「日本語練習帳」 (大野晋)より引用

生活していく上で間に合うという数でいえば、3000語あれば間にあう。だいたいは生きていられる。これが、いわゆる基本語です。では、3000語知っていればいいか。言語生活がよく営めるには、3000では間に合わない。3万から5万の単語の半分は、実のところは新…

「十角館の殺人」読了

むしろ、「なぜ今まで読んでいなかったのか?」というほど著名な作品。しかも、私の大好物である「大どんでん返し」で話題になった作品に、ようやく着手。すぐに引き込まれ、結末まで本から手が離せなかった。話題の「歴史に残る一行」については、「お見事…

「風ヶ丘五十円玉祭りの謎」読了

※とりあえずエントリだけ。コメントは後ほど… 風ヶ丘五十円玉祭りの謎 作者: 青崎有吾 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2014/04/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (19件) を見る

「水族館の殺人」読了

※とりあえずエントリだけ。コメントは後ほど… 水族館の殺人 作者: 青崎有吾 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2013/08/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (20件) を見る

「体育館の殺人」読了

※とりあえずエントリだけ。コメントは後ほど… 体育館の殺人 (創元推理文庫) 作者: 青崎有吾 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2015/03/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る

池田晶子「14歳からの哲学」 より

備忘録として。14pからの引用。 考えるんだ。自分が思っていることが、ただ自分がそう思っているだけではなくて、本当に正しいことなのかどうかを知るためには、考えるということをしなければならないんだ。でも「しなければならない」と言ったって、べつに…

「反応しない練習」読了

草薙龍瞬さんの「反応しない練習」を読了。なかなかの収穫。ブッダをライフハック的に捉えて実践法を伝授する。気負いがなく、素直な内容。彼は1969年生まれ。若いのにやるなあ。 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」 作…

「天才が語る」(ダニエル・タメット)その1

これは収穫。一部を書き写したので、記録しておく。参考になるサイト→ アスペルガーのヒトリゴト 天才が語る 知能は一種類だけではなく、正確には8種類あり、ひとりひとりがその8種類の知能の絶妙な組み合わせからなっていると主張している。 彼の複合的な知…

「天才が語る」(ダニエル・タメット)その2

数学的な考え方について ガリヴァンが教えてくれたように、数学的な考え方はなにも数学者のためだけにあるわけではない。この章では、正確かつ創造的な推理をおこなうことがだれの役にも立つことを示していきたい。数学的に考えることは、宝クジの確率から投…

吉村氏&若松氏の対談

吉村氏&若松氏の対談に参加。原民喜という詩人について、二人が語っていた。主な内容は、以下の通り。 ・弱者ゆえの強さを持っている・死者に守られた人・散文のように詩を書く・原爆のおかげで5年生き延びた・足裏という詩で、世界が逆転する・地面は固く…

「31才で天才になった男」読了

収穫。共感覚は実に興味深い。 31歳で天才になった男 サヴァンと共感覚の謎に迫る実話 作者: ジェイソン・パジェット,モリーン・シーバーグ,服部由美 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/12/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3…

「慟哭」読了

『慟哭 (創元推理文庫)』を読了。ラストを読んで、なるほど、そういうことかと。見事などんでん返しだった。こういう本って、ネタバレになりそうでちゃんとした感想が書けないのが歯がゆいところ。 慟哭 (創元推理文庫) 作者: 貫井徳郎 出版社/メーカー: 東…

「ラッシュライフ」読了

すっかり伊坂幸太郎にはまってしまって、「ラッシュライフ」読了。時系列をシャッフルした話。何が何だか分からなくなる。 ラッシュライフ (新潮文庫) 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2005/04 メディア: 文庫 購入: 12人 クリック: 133回…

「オーデュボンの祈り」

『オーデュボンの祈り』を読み終えた。「どんでん返し10冊」の中の一冊。あらゆる事象や謎がラストで見事に回収され、整然と並ぶ見事さ、心地よさ。伊坂幸太郎の本は初めてだったが、すっかりファンになった。 オーデュボンの祈り (新潮文庫) 作者: 伊坂幸太…

「どんでん返し10本」リストから読み進める

「ハサミ男」のあと、「イニシエーションラブ」も読了。どちらも見事に騙された。どんでん返しは心地よい。 ハサミ男 (講談社文庫) 作者: 殊能将之 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2002/08/09 メディア: 文庫 購入: 50人 クリック: 792回 この商品を含むブ…

「掟上今日子の備忘録」

昨夜は久しぶりにミステリーを読みふけった。「掟上今日子の備忘録」「掟上今日子の推薦文」の二冊。最近は、こんな風に表紙にかわいい女性のイラストを入れるのが定石らしい。「ビブリア古書堂」シリーズのヒットからそうなったようにも思う。 内容は、ミス…

「創作の極意と掟」読了

これは読んでよかった。文章の書き方を、こんな角度から考えたことなかったから。以前から筒井さんは実験好きな人だと思っていたが、その通りだった。 創作の極意と掟 作者: 筒井康隆 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/02/26 メディア: 単行本 この商品…

体の知性を取り戻す』読了

体の知性を取り戻す (講談社現代新書) 作者: 尹雄大 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/09/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 「私たちは、極めて個人的に生きるために生まれてきた。そしてひとりで死んでいく。この揺るぎなく、何の…

「ボラード病」読了

昨日、吉村萬壱さんの「ボラード病」を読んだ。とてもリアルな、こわいお話。同調圧力は、自身をも滅ぼす。SNSが発達した現在、最も気をつけるべきもの。今日からは、井筒俊彦の「意識と本質」を読みはじめる。 ボラード病 作者: 吉村萬壱 出版社/メーカー: …

クロフツ「樽」、読了。

中学時代の国語の先生から「ミステリーファンやったら、これは読んどかなあかん」といわれていた本。ン十年後に、ようやく宿題が果たせた。古賀先生、おもしろかったです。ご紹介ありがとうございました。 これは、昨日、某作家さんからいただいた鮒寿司。発…

夏目漱石「こころ」読了

先日の井上円了哲学塾での姜尚中氏の講演では、この本がテーマだったので再読。昔読んだはずなんだけど、改めて読み返すと驚くことばかりで。中でも、心に残ったフレーズ。 「あなたは本当に真面目なんですか」と先生が念を押した。「私は過去の因果で、人を…

「超ネット社会の成功術」読了

苫米地さんの新刊「超ネット社会の成功術」、読了。Kindle版を購入し、iPadおよびiPhoneのKindleアプリを駆使してほぼ一日で読み終えた。急いで読んだ理由は、今日までに井上円了哲学塾の課題を決めておかなければならず、本書はその参考になると思ったから…

今度読みたい本

本屋で発見。今の未読本が消化できたら読もう。

[asin:4167733013:title]、読了

mixiコミュ「ミステリ好き…」で人気だったタイトル。どんでん返しがすごいとあり、覚悟していたけれど、ふたを開けてみると想像以上だった。こればかりはまったく予想できなかった。見事としか言いようがない。ラストを読んだ後、再度はじめから読み返してみ…

OLのための24時間きれいレシピ

今日のクリスマスデートにはちょっと間に合わなかったかな…。美しくなるための24時間レシピを、カリスマ美容師「柳延人」が解説する本書。先日、「どこでも読書」さんからQRコードを送ってもらったので、ここにも貼っておく。 参考URL:柳延人さんの会社「ウ…

昨日、今日の二日間で買った本

このところ、読む本が家の中になくてストレスがたまっていたせいか、昨日は日本橋の丸善で、今日はヨドバシの有燐堂で、爆発的に本を買いまくった。以下は、そのリスト。 自由訳 十牛図 生首に聞いてみろ 異常快楽殺人 (角川ホラー文庫) 犬と私の10の約束 か…

最低映画館

手前味噌だが、本日はこちらの本を熟読。やっぱり岸田さんはすごいと思った。 (前書きより)これから上映する映画はすべてが「B級映画」である。 金さえ儲かればよい。客さえ入ればよい。 後は野となれ山となれ。そんな遣らずぶったくりのヤクザな映画だ。…

「レベル7」(宮部みゆき)、読了

ずいぶん時間がかかってしまった。残り1/6ほどまで来て、そこでぴたっとストップしてしまったからだ。それは面白くないからではなく、むしろその反対で、終わってしまうのがもったいなかったから。結末はちょっと意外だったけれど、後味は悪くない。というか…

「レベル7」(宮部みゆき)

「模倣犯」ですっかり宮部ファンになってしまったらしい。裏表紙にある紹介文をみて、今度はこれを読むことに決めた。本日、1/4まで読み進めた。 レベル7(セブン) (新潮文庫)作者: 宮部みゆき出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1993/09メディア: 文庫購入: 14…

「模倣犯」(宮部みゆき)、読了

読み応えあった。タイトルの意味が、最後になってやっと分かった。

「模倣犯(1)〜(4)」(宮部みゆき)、読了

だるいと、読書以外なにもやりたくなくなる。仕事が終わったら、あとは読書三昧。おかげで、模倣犯を(4)まで読んでしまった。残すは(5)のみ。ストーリーはおもしろいが、宮部みゆきの、執念深いまでの人物描写が素晴らしい。登場人物がやたらと多いが、どの…

「模倣犯」2〜5巻

アマゾンさんからメールがきた。明日届くそうだ。やっほー!

「模倣犯(1)」、読了。

しまった、2を買っとくんだった…。

「模倣犯(1)」(宮部みゆき)に着手

大物なのでなかなか手をつけられずにいたが、各所で絶賛されているのでついに着手。長丁場になりそうだ。 模倣犯1 (新潮文庫)作者: 宮部みゆき出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/11/26メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 40回この商品を含むブログ (252件)…

「変身」(東野圭吾)、読了。

ネタバレになるかもしれないけれど、「アルジャーノンに花束を」を思い出した。とても悲しい話。わたしが思う「死」の概念に、少し近い内容だった。 変身 (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1994/06/06メディア: 文庫購入: 3人 クリ…

「失われた町」(三崎亜記)、読了

印象深い登場人物たちと、ストーリー。命に対する慈しみに満ちた、とても美しい小説。時系列はバラバラで、主人公もそれぞれ違うけれど、少しずつ関わりのある短編が集まっていて、全体を読み終わった後、ふたたびプロローグに戻って読み直すと、全体像が見…

「予知夢」(東野圭吾)、読了

予知夢 (文春文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2003/08メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 41回この商品を含むブログ (427件) を見る うぉっ!というものはなかったけれど、読みやすく、面白かった。テレビドラマの影響で、湯川教授のく…