【今日のGoogle】Happy Birthday

f:id:mica:20170726090240p:plain

今日のGoogle、おそらくほとんどの人はいつも通りのはず。しかし、私のGoogleはこうなっている。なんだろう?と思って再生し、カーソルを上に置くと、「micaさん、お誕生日おめでとう!」という文字が! もう、Googleったら。こんなことされたら、好きになっちゃうじゃないの。

7月26日 - Wikipedia

深海2017 最深研究でせまる生命と地球

f:id:mica:20170719230029j:plain

本日はマイカの社会見学デー。科学博物館で開催されている特別展「深海」を見にきた。朝9時に到着したのに、すでに人がたくさん入っている。

www.kahaku.go.jp

深海生物が見られると期待していたが、さにあらず。ほとんどが、映像とホルマリン漬けの生物、写真だった。考えてみれば当たり前で、深海はカップ麺がミニチュアになるほどの重力がかかっているのだ。深海生物をここに連れてきたら、重力の違いで体が膨れてしまう。

 
「深海」を見終わったのが10時半。せっかくなので、常設展を見に行くことにした。B3からスタートしたが、あまりじっくり見ているとお昼になってしまうので、B3とB1だけ。B3は測量の歴史。 B1は古代生物の化石。

f:id:mica:20170719110245j:plain

そのあと、館内のレストランへ。11時半で、すでに入店待ちの人の列。中に入ると、常設展の一階が見える席だった。せっかくなので「恐竜の足あとハンバーグ」を食べた。

f:id:mica:20170719114224j:plain

 

 

助詞の使い方が生死を分ける

 文章を書くことを生業にしているが、未だに「誰から見ても正しい日本語」がわからない。「この媒体ではこんな風に書けばいい」程度ならわかるのだが、「いや、ここにこう書いてはダメでしょう」「文末にこれはありえない」というような、いわゆる文章を書く上での原則のようなものは、きっとまだわかっていないと思う。

 そんな私でも知っていることがある。「助詞には気をつけろ」ということだ。

ddnavi.com

 この記事の中に、そのことがよくわかる例がある。

犬を飼っているのだがとても可愛いので、友達から猫を飼わないかと言われてもその気にはならない。

  この文では、「犬を飼っている」と「とても可愛い」の間に、「だが」が入っている。「だが」は逆接で使う助詞だが、この前後の文章は、どちらかといえば逆接ではなく順接だ。だから、この文章を読むと違和感を覚えるのだ。

 このサイトによると、正しい書き方は以下の通り。

可愛い犬を飼っている。だから友達から猫を飼わないかと言われてもその気にならない。

 私の友達であるフリー編集&ライターの某氏は、次のように書き換えた。

いま飼っている犬がとても可愛い。だから、猫を飼わないかと友達に言われてもその気にならない。

  そして私は、こう書き換えた。

うちの犬はめっちゃ可愛い! マジ可愛い! だから、「猫、飼わね?」とかいう友達マジ訳わかんない。飼わないっしょ、フツー。

  正しい日本語かどうかは別にして、私の文章が一番よく真意が伝わると思う(ウソです、ごめんなさい…某氏)。